人気ブログランキング | 話題のタグを見る

イランイランで。。/「NHK緊急対談 パンデミックが変える世界〜海外の知性が語る展望〜」を見て

イランイランで。。/「NHK緊急対談 パンデミックが変える世界〜海外の知性が語る展望〜」を見て_c0139591_09094048.jpg




























(ストロベリー・ヒル:新芽を見ると、元気が出ます!)


土曜日、家族でウォーキング&子供達の
バスケットボールのシュート練習に
行ったところまでは良かったのですが、、。
先週、入学式の前日夕方になって
急きょ中止になったり、
小・中学校ともに再度休校が決まったりして、
ホッとするような、
ドッと疲れが出るようなで・・入学式予定だった
夜に37.5度ほど熱が出て、朝は下がるのに
昼間は37.2度位が3日ほど続きました。(私です←😓)
夫や子供達が手伝ってくれて、
日曜日はほぼ休ませてもらえて、月曜日も昼寝したり
して(汗)、だいぶ気分的にはましになりました。
年に数回、今までも、37.2度ぐらいの微熱が
2週間~1ヶ月くらい続くことはあったので、
今、そうなったら、嫌だなぁ・・必要最低限の
買物しか外出してないのに~(泣)と。
嗅覚も、風邪の後、今までに2回ほどなくなった
ことがあり、耳鼻科に駆け込んだ事があるので、
香りのきつい”イランイラン”の精油を嗅いでは、
ほっとしている毎日です・・119.png
時々、怖い夢も見るので(詳細覚えてませんが、、)、
知らないうちにストレスが溜まっていたのかも
しれませんね。

**********

世界の知識人3人に、
NHKワールドのキャスター 道傳 愛子さんが
聞き手となり、‘パンデミックはどう世界を
変えるのか、混迷の先を見通す知恵を探る’
番組を録画視聴しました。

3人とは、
 ★イスラエル Yu al Noah Harari 氏 (歴史学者)
 ★アメリカ Ian Bremmer 氏 (国際政治学者)
 ★フランス Jacques Attali 氏 (経済学者・思想家)
です。

どの方のも、なるほどと思いつつ聞いてたのですが、
アタリ氏の内容が、方向性として具体的だったので
心に残りました。

※以下、アタリ氏の部分の気になった部分の抜粋〜

楽観主義と、ポジティブは違う。・・

ポジティブ経済とは、
長期的な視野にたってJacques Attali 氏が
‘命の産業’と呼ぶものに重点をおく経済です。

生きるために必要な 食料 医療 教育 文化
情報 研究 イノベーション デジタル
などの産業です。
生きるのに本当に必要なものに集中すること
です。

利他主義・・自己の利益よりも他者の利益を
 優先する考え方

アタリ氏は、インタビュアーの
“利他主義とは、他者の利益の為に
 全てを犠牲にすることではなく、
 他者を守ることこそが 我が身を守ることであり、
 家族 コミュニティ 国 そして人類の利益にも
 つながるのですね“  の問いかけに、

”その通りです 利他主義とは
 最も合理的で自己中心的な行動なのです
 今回の危機は乗り越えられると思います
 薬やワクチンが見つかるかはわかりませんが
 数ヶ月の間に打ち勝てるでしょう・・・
 ただし 長期的に見ると
 このままでは勝利は望めません
 経済を全く新しい方向に
 設定しなおす必要があるのです
  
 戦時中の経済では 自動車から爆弾や戦闘機へ
 企業は生産を切り替えなければなりません
 今回も同じように移行すべきです
 ただし 爆弾や武器を生産するのではありません
  
 医療機器 病院 住宅 水 良質な食料などの
 生産を長期的に行うのです
 
アタリ氏のblog↓

*** 

今回3人のインタビューで全体的に感じたのは
今までの危機では、主導する国があり、
それに協調して世界で乗り越えて来れたが、
今回はそうではない(各国バラバラ)と言うこと(現時点
で)でしょうか。
また、発展途上国には、スペースもなく、ソーシャル
ディスタンスを保つことも難しい。それらの国の
援助をすることも難しい。(自国内ですら難しいのです
から、、)

国の格差、国内での格差も広がるだろうと
アメリカのイアン・ブレマー氏は言っていました。
同時に「犬はいいですよ・・一緒にいると
気持ちが落ちつきます」と、「いつもと違うことを
する必要はなく、人間性を失ってはいけない」
と言ってたのも、印象的でした。今、人とコミュニケー
ションもとりにくいし、こもってしまいますものね。

ハラリ氏の本、まだ読めてないのですが(😓)、
先にご本人が語っている姿!を見れて感激しました。

最近、読書していて思ったことは、以前も書きましたが、
人の本質は時代が変わっても変わらないという事です。
ということは、時代背景が変わっても、過去や歴史から
学ぶことは必ずあるだろうという事です。もちろん、
そう聞いては来ましたが、自分でそう感じたのは、
レオナルドダビンチの童話を読んだ時でした。

スペイン風邪やペスト、天然痘は、どうやって
終息を迎えたのだろう・・?という疑問がありました。
ペストについては、今カミュの「ペスト」を読んで
いる途中です。(←ゆっくりですが、、)
天然痘は撲滅されたとのことで、どうやって・・?
と思ったら、

※1796年に天然痘のワクチンがイギリスの医学者
 エドワード・ジェンナーによって作られました。
 天然痘の予防において、それまでの人痘接種では
 なく、安全性の高い牛痘接種法を開発したそうです。
 ワクチン(vaccine)は、ラテン語の牛(vacca)
 から来ているそうです。

天然痘の撲滅は、1980年にWHOが宣言しているので、
ジェンナーがワクチンを作ってから、200年弱
根絶までにはかかったということになります。

想像以上に長い戦いになるかもしれない、、と思うと、
今目の前のことだけでなく、先も見越して考えなければ
と思いますね。。。140.png

****

小・中学校とも、メール&HPで連絡があります。
課題や、教科書を親が近々学校に取りに行きます。
休校疲れの我が家ですが、ゆっくりペースでも
何とか健康第一でやっていけたらと思います。。!



Commented by housewife_life at 2020-04-14 22:34
こんばんは😊
アタリ氏の話がわかりやすく書かれていてためになりました。
書くのが大変だったと思います。ありがとう!
私もコロナ後の未来に興味があります。
利他主義が、最も合理的で自己中心的な行動というのが面白かったです。
この苦しみの後、世界が賢明な道を歩んでい苦ことを望みます。自分もそんな選択をできる一人でありたいと。
Commented by moonstar1206 at 2020-04-15 20:00
★ことりさん、
こんばんは♪コメントありがとうございます😍
今晩(15日深夜0時~)、NHKで再放送があるようです☆

文字にするとまた、内容もわかりやすいですよね。
アタリ氏のblogも(単語を調べつつ)読んでみようと
思っています。

こういった番組で、そうそうたる方々が語って下さる
事で、現実が見えてきたリ、あぁそういう方向でいけば
良いのかもと道筋が見える気がします。
でもそれは大きな道筋で、個人個人でいうと、また
もっと大変な方々もいたりして、直ちに助けが必要な
方々もいるのですよね。
私自身も、せめて手作りマスクでも・・!と思いつつ、
今日も雑用で取り掛かれずで、焦ります・・💦
まずは家族の健康(自分自身も)を守って、
世界情勢もニュースでチェックして、いつもどうすべき
かを考えていたいと思います。
P.S. オスマン帝国のドラマ、ことりさんのところで
 知って、見ているんですよ~!毎日、すごいですね😲
 子供達も実は一緒に見ています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by moonstar1206 | 2020-04-14 09:13 | その他(いろいろ) | Comments(2)

手作り【手芸・お菓子etc.】と小鳥が大好きです。


by moonstar1206
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る