カテゴリ:自家製酵母( 2 )

酒粕酵母でパンを作りました!

たねやさんのパン屋のジュブリルタンで、スープに付いてきたノアレザン(くるみとレーズン
入りのパン)を美味しそうにぱくぱく食べた娘を見て、「外はかりっ、中はふわ~のパンを作
りたい!」と思い、かねてから興味のあった自家製酵母作りをやっと今年は初めてみました。
何がきっかけになるか、わからないものですね。

そして、実は手術前に何とか作ることができました。(こんなことをしていていいのかとは
思いつつも・・・^^;) イーストを使わずに自分が育てた酵母でパンが膨らむのは、
今更ながらちょっと感動しました☆

c0139591_2193748.jpg
(家にあった大好きなドライクランベリーと、賞味期限が危うかったチョコチップを入れて
みました。チョコチップは、クッキーだと全然大丈夫なんですが、パンを焼く温度は
210度と高めだったので、どろどろに溶けてしまっていてがっかりでした。やはり
ドライフルーツやナッツを入れたほうが美味しそう!でも、ナッツは次女がまだ今は
NGなので、入れるのをためらいますが・・・【半年ほど前、カシューナッツでじんまし
んが出てしまい、抗アレルギー剤を点滴してもらったことがあります。】)


c0139591_2195140.jpg
(クープを入れたところではなく、横から裂けてしまいました!残念!
 成形の仕上げ時にきちっと底で留められていなかったのが悪かったのかなと思うので、
 次回は気をつけてみます。あと、クープを入れたとき、すぐに少し開いてきたのは、
 長時間発酵させすぎのようです。)


c0139591_220419.jpg
(発酵させる前は、こんなに小さかったのです!でも、大きくふくらむまで、結構
時間がかかりました。生地も、そして出来たパンも生きてるなぁ~って感じます。)


初めての自家製酵母作り、結局酒粕酵母だけが成功したようで・・・しかも、
いつをもって酵母の『完成!』としたらいいのかもまだよくわからずにいます。
というのも、一度そこそこぶくぶくと泡立っていたのに、5時間ほど少し温度が
低くなっていた(外出していて、ペットボトルのお湯を換えられなかった!)ら、
すっかり泡立ちがなくなってしまったのです。もうだめなのかなと思いつつも、
砂糖を小さじ1弱ほど入れて、また温度管理をそこそこやってみたところ、
なんとかよみがえりました♪

自家製酵母を使ってのパン作りの方法として、
★そのまま酵母を加えてパンを作る
★酵母に3回に分けて粉(+酵母)を混ぜることで酵母のパワーをアップさせ、
 ”元種”としてパンに加えて作る(←酵母が完成してから更に3日もかかるのです
  ね!!)  
というやり方があることを知りました。

今回は、簡単なそのまま酵母を加える方法で作りました。
長女の入院前だったので、食べてもらうことができて良かったです!
食べてもらった反応としては、まぁまぁってとこでしょうか。子供は正直なのでわかり
やすいですね。
【私的には、美味しかったので、また作ってみたいなと思っていますが、
 パンも手術後1ヶ月間は普通に食べれないなんて予想外でした!
おかゆとか消化のいいものばかりを食べるせいか、長女は今は1日中気が付くと
 「お腹すいた!」と言っています。日にち薬なので、早く1ヶ月が過ぎて欲しいです。】


余談ですが・・・
数年前、自家製の紫蘇シロップを知合いの方にもらったことがあり、申し訳ないなと
思いつつもあまり甘い紫蘇、というのがイメージできなくて、飲まずにどうしようかと
夏にそのまま常温でしばらく置いておき、それから冷蔵庫に保管してあったこと
があるのですが、それから1ヶ月ほどしてふたを開けたとき、しゅわ~っと泡立って
きたんです。その時は「あれ?炭酸じゃないよね・・・?シロップとしか聞いてない
けれど・・・」と不思議に思っていたのですが、今思えばあれは酵母が育っていた
のではないかと。。。あれで、美味しいパンが焼けたかも?なんて思ったりしています。
[PR]
by moonstar1206 | 2013-02-10 10:03 | 自家製酵母 | Comments(0)

酒粕とレーズンで酵母を。。みかん酵母は断念!


c0139591_10532110.jpg
('13.1.22: いい酒粕があるうちに作りたいと思い、びんを購入してきました。
 植物油でコーティングされていないレーズンを入手したので、同時に作ることにしました。)



c0139591_10534057.jpg
(本を改めてよく読むと、”最適温度が25~30度。翌日、泡がすこしついている。”←これも重要かも!
室温では、そんなに暖かくないので、お湯を入れたペットボトルと一緒にフリースを2枚
巻くことにしました。びんが入るふた付き発泡スチロール箱がやはりあったらいいなと思うの
ですが・・・生協のお届けの時のあの発泡スチロールの箱がぴったりなんですよね。。
場所をとりそうですが^^; 今度の配達の時に聞いてみるつもりです。)


↑ちなみに、背が低めのふた付き発泡スチロール箱は、塩麹のタッパーを今入れて熟成させて
いるところです。ほぼこちらは完成です。

その他、”ふたはゆるめに締める。(←これも見落としていました)”
ともありましたが、別の本では「雑菌が入らないように、きつく締める」とあり、まぁこれは
どっちでもいいのかなぁなんて思ったり。

みかん酵母は結局25日たってしまいました^^; 白濁しているので、おそらく乳酸菌は
いきているかな~?!と思うのですが。。。私と長女は臭いと思わなかったですが、
主人は臭い!と言ってました。
迷いましたが、処分して、長女の退院後にまた新しく作り直そうと思います!
(時期的に・・いいみかんが手に入るかな?!無理ならまた来年に。)

パン完成までの道のりは長そうです☆

<経過>
◆レーズン酵母:翌日、本当にレーズンに泡が少しですがついていました!
           でも、その後5日目に入っても変化がないので、こちらはだめなのかも。。

◆酒粕酵母:酒粕をちぎって入れたのに、翌日には塊は全くなくなっていて、甘酒のように
         全体が真っ白になっていてびっくり!
         3日目の朝、びんをあけて揺らして混ぜると、ぽつ・・ぽつっとですが、
         泡がわき出てきて、とっても嬉しかったです!!お昼には、ふたをあけて
         揺らすとかなりの泡がふつふつとでてくるようになり、びっくりすると同時に
         さらにまた嬉しかったです。
         ただ、もうすぐ長女の扁桃腺の手術で入院なので、酵母完成後は、
         冷蔵庫で待機してもらわねばなりませんが・・・☆(約1か月もつそうです。)         
[PR]
by moonstar1206 | 2013-01-24 11:55 | 自家製酵母 | Comments(0)

手作り【手芸・お菓子etc.】と小鳥が大好きです。


by moonstar1206
プロフィールを見る
画像一覧