カテゴリ:育児グッズ・おもちゃ・絵本( 54 )

「きつねのかみさま」「ミロとしましまねずみ」の絵本/ひっそりと~百日草/りんごのパウンドケーキ

c0139591_10235211.jpg
【「きつねのかみさま」あまんきみこ・作/酒井駒子・絵:
 先日のアクリル画の時に、酒井駒子さんの絵の話が
 出てきました。この方は、最初に黒を塗るそうで、
 たまたま家に帰るとこの本を借りていたので、タイ
 ムリーでした!最初に黒って・・ちょっとびっくり
 でした。でもだから、よけいに雰囲気のある絵なの
 かな。(酒井駒子さんの絵も好きで、「ビロードの
 うさぎ」の絵本を持っています。うさぎも作りました♪) 
 お話は、あまんきみこさんだったので、ちょっとだけ
 期待して読んでみたら、やはりほんわかと優しさに溢
 れたいいお話でした。
 子供達なら、どうするかな・・?今回読み聞かせせずに、
 返却日が来てしまったので、また借りてみよう♪
 (絵も素敵なので、欲しくなってしまいます☆)】

 


c0139591_4485180.jpg

何気なく借りた本ですが、「にじいろのさかな」と同じ
作者の本でした。
下の写真のように、途中から2パターンに分かれている
のです!!
面白いですよね、こんなの初めて!です。

先に、うちは”しあわせなおわり”から読みました。
ミロたちがけねずみが、しましまねずみに出会ってから
のシーンですが、それは、例えば外国を理解するとか、
初めての人と友達になる時とか、そういう時に大切な
ことが描かれていて、参考になるなぁと思いました。
皆が、ミロ達のようであったら、きっと戦争なんて
おこらないだろうし、異国の地の話(自国の話)をお互
い話あったりして楽しいのだろうなぁと思いました。
相手の、大切にしているもの(こと)を理解すること、
じっくりと相手を知っていくことって、大事なんだな
と思いました。それには、まずお互いが信じあう事が
大切なんだな、と。

”かなしいおわり”は、”しあわせなおわり”で大切だな
と思ったこととは逆の行動をミロ達はとっていました。
最初に相手を疑ってしまってから、どんどん事態は
悪い方向に・・・!(読後感は悪いです^^;) 

自分のとる行動で、結末が変わるんだという事が
よくわかって、面白い絵本でした。

c0139591_10283839.jpg


***


c0139591_10244790.jpg
(家にいると、時々庭を眺めるのですが、ふと見つけた
 こぼれ種の百日草!その時まで、全く気づきません
 でした!嬉しいものですね~♡
 夜に思い出して、長女に照らしてもらって写真撮り
 ました♪)


よくよく写真をみると、アリが映っていたのと、
翌朝見た時に花びらが1枚なくなっていたのが気になります。
カイガラムシとアリのような共存関係にいる、青虫でもいる
のかもしれません。

***


c0139591_1025833.jpg
(りんごのパウンドケーキ:ご近所さんにもおすそ分け
 したのであっという間になくなりました♪それをきっかけ
 に、初めてその方のお家でお茶したりして、楽しかった
 です♪^^
 長女は、こういうケーキも好きなようです。
 次女はまだあまり・・・です。別の話ですが、最近になって、
 次女もやっとミカンが好きになったようです。冬のミカン
 はビタミンCも取れるし、ありがたいです。今年は子供達
 には初めてのコタツを出そうかと思っています♪) 






[PR]
by moonstar1206 | 2016-11-11 15:29 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(0)

親子絵画教室~絵本&フェルメールの真珠の耳飾りの少女を見ながら・・(アクリルガッシュ)

c0139591_2111546.jpg
(私が描いたもの・ケント紙です。)

今回の絵画教室では、3人ともフェルメールの真珠の耳飾り
の少女を描こうかと思っていましたが、たまたま図書館で
借りている本の絵が素敵で、どうやって描くのか興味が
あったので、それを教わりつつ、色はオリジナルにして描い
たのが上下(↑↓)の絵になります。(実は、まだ完成では
なかったのでした☆^^;)

金色に塗った紙は、ケント紙の下の方1/3位張り付けてあり、
水色の下地が一番下にあり→白→ハスの実?と茎を抹茶色っ
ぽく→実をブルーグリーンに→実の影の部分を紺色に→白に
ペールブルーを少し混ぜたものを塗ってあり、なんと6層!
にもなっていたんです!本物もそうかどうかはわかりません
が・・・。  乾く前に、ヘラやナイフみたいなのやマッチ棒
などで少し削り取ったりする作業が、絵の雰囲気も変わるし、
とっても楽しかったです!!
モナリザでも思ったのですが、有名な絵って、似ていなくて
も、真似てみるだけで、すごく色んな発見があるんだなという
ことに気づきました。

c0139591_2115243.jpg


c0139591_2124230.jpg
【『おひめさまはねむりたくないけれど』
 さく:メアリー・ルージュ え:パメラ・ザガレンスキー
 見せる棚に置いてあったのか、私が題名から選んだ本かは
 忘れてしまったのですが、お話しメインで図書館で借りた
 つもりが、絵もとても素敵で、ファンになりました。
 色んな技法で描かれているので、親子で習っている絵の先生
(最近また復活して月1回)に教えてもらう教材として、
 ぴったり!です。】

【追記】ちなみに、見本にしたのは、上の絵本のこちらの頁。
c0139591_811595.jpg


* F3 227×158mm 張りキャンバスにて(100均です~!絵の
 先生も驚かれていました。私も先生の、布のように巻いて
 ある、縦が2mほどのキャンバスを見て驚きました!それ
 をカットして使うんですね~!)

c0139591_213292.jpg
(次女作:お花は、バラのカタログから一重のバラを見て描いて
 いました♪)


c0139591_2131863.jpg
(真珠のイヤリングはアクリルガッシュの透明ラメを
 たっぷり塗ったようです。)




c0139591_2133796.jpg
(長女作:背景の色が違うだけで、こんなに雰囲気が変わる
 のですね!本当に、絵はその人らしさが醸し出されますね・・☆)


c0139591_2135459.jpg
(青いターバンにはラメが☆青色にも混ぜていたようですが、
 さらに上からもひと塗りしたそうです。)


ちなみに・・、
もう一冊、お手本にするのに迷った絵本はこちらです。↓

c0139591_218194.jpg
(荒井良二さんの絵も好きです。
 NHK教育でやっていた、”スキマの国のポルタ”を見て、
 好きになったんだったかな~。
 この絵本の表紙は一目ぼれしました。またこれも、
 教わりながら描きたいです♪)


学校から帰ってくると、長女は「疲れたから、私は行かない!」
なんてここ2回ほどは特に半分本気で言うのですが、
何とか連れて行くと、楽しんで帰ってくれるのでありがたいです。
次女も、「お腹がすいた」とか、「眠たくなってきた!」とか
言いつつも、楽しく描いてくれるので、2人の絵を見るのが楽しみ
な私は本当にうれしいです。





[PR]
by moonstar1206 | 2016-11-03 01:07 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(6)

月見団子と『月夜のこどもたち』(絵本)etc.

c0139591_16243920.jpg
 

中秋の名月の昨日、お月様、見られましたか??
前日は雲に隠れたり現れたり・・・だったのが、当日は
明るくすっきりと見えて、肌寒い中、美しさが際立って
いました!

幼稚園のお友達が、いつも行く和菓子屋さんで買ってきた
月見団子(塩味)を届けてくれたのは、サプライズで
とっても嬉しかったです♪ (当日しか、作ってないと
先日和菓子屋さんから聞いてたので・・!)

ふと、少し前にだんご粉を買っておいたのを思い出し、
夕食後に長女と丸めて作りました。(大匙2ほど砂糖を
入れて・・^^;)
夕食後にもかかわらず、、、特に子供達には好評でした♪
(今年はきな粉だけでしたが、あんこを添えても美味しそう♡)
喜んでもらえると、作り甲斐もありますね^^


c0139591_1625055.jpg
(2015.9.27撮影。
 実は、今晩が本当に満月で、しかもスーパームーンらしい
 ですね~これでも十分丸く見えるのですが・・・☆)


*****


c0139591_16251928.jpg

★『月夜のこどもたち
 この本の絵を描いたモーリス・センダックさん、どこかで
 聞いたことあるなぁと思ったら、『かいじゅうたちのいる
 ところ』の絵本を作った方でした!1983年に岸田衿子さん
 訳で発行されたものを借りましたが、2014年に谷川俊太郎
 さん訳で他の出版社から新訳版として『ムーン・ジャンパー
 という題名で出ているようです。(読んでみたいです!)

 表紙は何か起こりそうな雰囲気がありますが、大事件が起き
 たりするわけではありませんでした。
 月夜の情景が浮かび上がり、しっとりとした雰囲気にもかかわ
 らず、子供達の楽しそうな感じが伝わってきて、いい絵本だ
 なぁと思いました。
 『おやすみなさい おつきさま』とはまた違いますが、
 夜のお話で、平和な時間が流れているので、寝る前の読み聞か
 せにはいいかなと思いました。


***


c0139591_16253627.jpg
(月がテーマの写真集〈北海道にて撮影〉っぽい感じですが、
 7つの「月物語」も収録されています。これから読みます
 ^^ゞ)

[PR]
by moonstar1206 | 2015-09-28 16:37 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(0)

ミケランジェロとラファエロについての絵本(2冊)

c0139591_9204339.jpg


★『石の巨人 ミケランジェロのダビデ像』小峰書店

図書館で、たまたま返却されてすぐの本棚にあったこの
2冊を借りて、「こういう絵本もあるんだ~」と思ったので
紹介しますね。

ダビデ像となった巨大な大理石(高さが人の3倍!巨人と
呼ばれていたようです)は、40年近くもフィレンツェの
街の真ん中におきっぱなしにされていたそうです。
ミケランジェロには、その石を見ると、ダビデの姿が見え
て、ダビデではない部分を掘り進めて行った、、、という
ように書かれていました。
(そういえば、木彫りで動物を掘っておられる方も、以前
 同じようなことをおっしゃっていました!!)
周りからは見えないように、木の足場(だったかな?)で
囲って作業したそうです。

ダビデは、敵の巨人戦士ゴリアテを、たったひとりで石投げ
器ひとつでたおした、羊飼いの少年でした。
そんなダビデ像は、フィレンツェの勇気の源だったようです。
(小さな都市国家であるフィレンツェは、自由を守るために、
 強い国と戦わなければならないので、フィレンツェの街と
 ダビデが重なったようです。)

ミケランジェロが3年ほどかけて、来る日も来る日も、食べる
時と寝る時の他は、ひたすら掘り続けたそうです。
お披露目の日(1504年の9月、511年前!!)、フィレンツェ
の広場ではどんなに人々が感激したことでしょうか。

ダビデ像、今もその広場にはレプリカの小さなものが置いてあ
るのですが、約12年前の新婚旅行時に、本物を見たくて、公開
されている美術館までわざわざ見に行きました。中心からちょっ
と離れていて、探し当てるのに少し苦労した記憶がありますが・・・
そんな、思い出のダビデ像でもあります^^

*****


c0139591_9205517.jpg

★『ラファエロ 天使に愛された画家』 西村書店

ラファエロ、37歳で亡くなる。8歳の時に母を亡くし、
11歳の時に画家であった父を亡くしている。レオナルド・ダ・ヴィ
ンチ、ミケランジェロとともに盛期ルネサンスの三大巨匠とよばれ
ている。(『ラファエロ~天使に愛された画家』参考)

天使に愛された画家、という本の題名が気になって・・・
画家の父からは、幼い頃から絵の事を学んだり、父の絵の天使のモ
デルになったこともありました。
見たことのある2人の天使の絵の作者だったり、また、
聖母子像も有名な絵のようで、これはきっと自分とお母さんなの
だろうなぁと読んでいて感じました。
普通に絵を見てももちろん素晴らしいのですが、やはり更に
色んなデータがあると(画家の生い立ちや、時代背景など)、
面白いですね。

この2冊、買いたくなりました☆
そして、、もう一度イタリアに行きたくなりました!


c0139591_12174448.jpg
(家にあったラファエロの絵葉書。1514年頃描かれたようです。)

*****

上の絵葉書を載せたついでに、こちらも。


c0139591_12195298.jpg
【新婚旅行で購入したもの。誰の絵だったかな?と
 家にある週刊「世界の美術館・ウフィツィ美術館Ⅰ」で調べる
 と、元は下の絵だったことが判明!バックも微妙に違うような
 ・・・(・・)?
 この女性のモデルは、フィリッポ・リッピの奥さんの修道女だ
 とも言われているそうです。】



c0139591_1220552.jpg
【フィリッポ・リッピ『聖母子と二天使』 1457年頃。
 95×62cm。 ウフィツィ美術館蔵。
 リッピは、私が一番本物を見て感動した『ヴィーナスの誕生』
 を描いたサンドロ・ボッティチェリの師匠でもあります。
 そして、聖母子が手に抱いているのは息子のフィリッピーノ
 をモデルにしたとも言われているそうで、修道士でもあった
 リッピは恋多き人だったらしいです。
 これらを知ると、上の装飾品もまた、見方が変わりますね!】

[PR]
by moonstar1206 | 2015-09-09 15:39 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(0)

ひなまつり/絵本/シンデレラ

c0139591_17364177.jpg

 
他の方のブログでもひな人形を見ることが多かったので、私も
長女が生まれたときに買ったひな人形を撮ってみました。
母と一緒に、地元のおもちゃ屋さんで選んだのがずいぶん前のこと
のような気がします^^


c0139591_17371163.jpg



c0139591_2013412.jpg



c0139591_17372615.jpg
(今年次女が幼稚園で作ったおひなさま♪)

***

また図書館に返却の時期なので、急いで記録しました。
(あとで、娘達がもしも見ることがあったら、「こんなの読んで
 たんだね!」とわかるかも、と。)


c0139591_1738375.jpg

★「もりのおばけ」 かたやま けん さく・え
 小さい時に読んだ本の絵って、覚えてるんだー!!!と
 びっくりした絵本です。なんとなく、記憶の片隅に残っていた
 んでしょうね、この絵をみて、当時の「なんか、コワーイ!」と思った
 幼き私の気持ちにタイムトラベルしました!
 母は、覚えているかな??また聞いてみよう^^

c0139591_17382024.jpg


★「クリスマスのおばけ」 せなけいこ
 せなけいこさんの「こどもは、とてもエゴイストの面もあるが、
 まわりのちょっとした配慮で、大変思いやりのある子にもなれる」
 というあとがきが、「そうそう、そうなんですよね!」」と思い
 ました。思いやりのある子どもに育てたいものです☆

★「おばけのうちゅうりょこう」 ジャック・デュケノワ さく
 イラストからして、ほのぼのしていて好きなシリーズです。
 これも、遊びに使ったパネルを集めてロケットにしちゃった
 ラストが良かったです。

★「かみなりのおやこ」 せなけいこ・おばけえほん
 せなけいこさんの絵本、「ねないこだれだ」をはじめとして、
 どれも大好きなんです。この絵本は、最後のかみなりの子の
 セリフに笑ってしまいました♪ いつも、「えっ、ここで
 終わり?」というところで終わるのも、印象的です。



c0139591_17385745.jpg

★「みーんないすのすきまから」 マーガレット マーヒーさく*ポリー
  ダンパー え
 ポリー ダンパーさんのイラストが好きで(「くっくちゃん」は
 持ってます)、見つけると借りています。見ているだけで、楽しい
 元気の出るイラストです。確かに、ソファーの隙間を掃除してる
 と、「こんなところに!!(これが!)」という発見があります
 ね(笑)

★「もぐらのバイオリン」 ディビッド・マクフェイル 作・絵
 TVで聞いた音色にあこがれて買ったバイオリン。練習して
 幾年もすぎたころ、TVでみた男の人よりも上手に弾けるように
 なっていた、というところ、”じぶんのおんがくが 人々のこころ
 に届き いかりやかなしみを とかしてしまうことさえも 思い
 うかべました” というところに感動・共感しました。

★「しまふくろうのみずうみ」 手島圭三郎
 この方のシリーズが好きで借りた2冊目です。夜のみずうみの
 静けさが伝わってくるような版画のイラストが心に響きます。
 人間ではない”家族”が、確かにそこに生きているんだなと
 しみじみ感じられました。 



c0139591_17384055.jpg

★「ミシンのうた」 こみね ゆら
 次はどうなるのかな?と子供達とページをめくるのが楽しみで
 した。最後はちょっと不思議な終わり方だったのですが、
 全体を通してちょっとファンタジーな感じがいいのかも。。

★「ちがうねん」 ジョン・クラッセン作 長谷川義史 訳
 表紙の雰囲気・題名からして、面白そうな感じでわくわくして
 読みました。関西弁なのが、またしっくりくる感じです。
 これもラストが・・・ですが、子供達とそれを話し合うのも
 また面白かったです^^

★「ちょうちょ」 江國香織 文 松田奈那子 絵
 絵にとてもひかれた絵本でした。カラフルで綺麗だけど、
 力強い感じで、手元に置いておきたくなりました。
 

***

★シンデレラの映画の前売りを買いました。
 アナと雪の女王の短編を見たいのが、一番の理由ですが、
 シンデレラの方も映像やドレスなど美しそうなので、楽しみです。

c0139591_2015997.jpg

[PR]
by moonstar1206 | 2015-03-04 13:59 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(6)

絵本4冊/赤い実の木/雪の上の足跡/ツグミとシロハラ

※【追記 2/13】コメントありがとうございます♪
 お返事遅れておりますが、もうしばらくお待ちくださいませ☆


 
c0139591_757403.jpg

だいたい、月に1度は図書館に絵本を借りに行っています。
返しに行かなくてはならなかったので、忘れないうちに。。。

◆『つばめのたびー5000キロのかなたからー』(鈴木まもる)
 つばめがどのように海を渡って来るのか、実際に見てみたくなります。
 去年、渡ってきたばかりのツバメをたまたま撮ったことを思い出します^^
 小さな体で、本当にすごいですね!!

◆『おうじょさまとなかまたち おうじょさまとゾウとウマと
  イヌとネコとハリネズミとトリとハチとイモムシのおはなし

 (文と絵/アローナ・フランケル 訳/もたいなつう)
 作者のアローナ・フランケルさんは、ポーランドに生まれたユダヤ人
 で、幼い頃にホロコーストを経験しており、12歳でイスラエルへ移民
 したという経歴があるそうですが、だからこそ真実味をもって、強い
 希望をもってこの物語を書かれたのだなとあとがきをよんで思いました。
 この本を借りた1か月前と、今とでは全くこの本の見方が変わってしま
 いました。”自伝で彼女は「何の権利も自由もなかった子ども時代」と語っ
 ています。”とありましたが、そういう人たちが、今もこの世界に現実
 にいるんだと感じずにはいられなくなりました。

◆『モコちゃん』(二宮由紀子・作 かわかみ たかこ・絵)
 とにかく、明るくてかわいい絵に惹かれました。
 おおかみが「いいこだね」といえばみんな喜ぶと思っていた、
 というところが、あぁ、そうか、皆言ってほしい言葉は色々
 なんだなと気づかされました。 


c0139591_7575076.jpg

◆『おかあさんのおっぱい』(ホ・ウンミ/文 ユン・ミスク/絵
  おおたけ きよみ/訳)
 いろんな生き物のおっぱいについて、なぜそこにあるのがいいのか
 がわかり、大人の私もとても面白かったです!イルカは確かに哺乳類
 ですが、どこにおっぱいがあるかなんて、考えもしなかったなぁ!
 読み聞かせにも、とってもオススメだなと思いました^^

***


c0139591_89671.jpg
(赤い実のなる木って、本当に沢山ありますね!
 これは、少し見上げるくらい高い木でしたが、クロガネモチ、
 でしょうか…?この時期でも残ってるということは、美味しさ的
 には下の方なのかな?)


***

次女のインフルの出席停止が終わって、今朝から久々の幼稚園。
昨日も今日も雪、でした。
幼稚園の送迎から帰ってきて、こそっと裏庭を覗こうとして、
ふと下を見て、ハッと気づいたカワイイ足跡^^♪


c0139591_10145329.jpg



c0139591_101563.jpg


最近、庭では猫を見かけなかったんだけどなぁ。
雪で、証拠が残ってしまいましたね!^^

***


c0139591_10384021.jpg
【肉眼ではみえませんでしたが、ツグミ3羽に混じってシロハラ
 (たぶん・・)1羽がいました。】


c0139591_10381672.jpg
(本当に、保護色ですね!3羽いるのがわかりますか・・?)


c0139591_10393610.jpg
(ツグミさん、遠くを見つめて何を思うのでしょう。)
[PR]
by moonstar1206 | 2015-02-10 10:50 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(8)

白鳥関連の絵本2冊


c0139591_1216464.jpg
(『白鳥の湖』:恥ずかしながら・・・あの有名なバレエ音楽は知って
 いたものの、ストーリーはこの年になって初めて読みました^^ゞ
 だから、あんなにせつなくて美しいメロディーだったのですね!)


c0139591_1217204.jpg
(『おおはくちょうのそら』:こちらも、思いがけず、せつないお話でした。
 白鳥の家族の子供が病気で、遠い北の国に帰る(渡る)日を
 遅らせますが・・・というお話です。
 実際に、白鳥さんたちにもありうることなんだろうなと思うと、また
 ちょっと白鳥さんを見る目が変わる気がしました。こちらは、他の
 シリーズも出しておられるので、読んでみたくなりました。)



c0139591_12295471.jpg

こちらは去年3/22に彦根城で撮影したコブ白鳥。コブ白鳥は、飼い鳥みた
いなもので、えささえ与えれば、そこで繁殖するタイプの白鳥だそうです。
(南半球から、連れて来られていると確か聞いたような・・・?)
ここにいる、黒鳥も同じく。 海を渡ってやってくる白鳥がいるということ、、
恥ずかしながら、湖北でコハクチョウを見るまでは、あまり知らなかった
のです^^;
[PR]
by moonstar1206 | 2014-02-12 11:30 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(0)

スーパーボール&ビー玉のころころスライダー

クリスマスの時期に、ビー玉のスライダーのおもちゃを見つけた
のですが(プラスチック製品で木製より随分安価なもので、娘達
も欲しがっていました)、
積木のように色々組み替えたりはできなさそうだったので、
すぐ飽きるかなと思い、だいぶ前に買っておいた本を参考に
作ってみました。
※作ろうと思ってから、トイレットペーパーの芯を10個はためて、
 半分に切って使用しました。

c0139591_11184348.jpg


綺麗に作ろうとせず、セロテープで気軽にどんどんつけていき、
長女の「くるくるまわるのをつけたい」 「ビー玉が落ちたら、それで
くるっと紙が裏返るやつをつけたい」などのリクエストにこたえるべく
やってみて完成したのが上の写真です。適当にとりあえずやってみた
のですが、子供達が充分喜んでくれる程度にはできました^^
【歯車みたいなのは、説明を聞いても私がわからなかったので、
 長女に自分で作ってもらいました☆】


c0139591_1119258.jpg
(ゴール部分がちょっと長女の手で変えられてました。)


c0139591_11211637.jpg
(生協で買ったこの本を参考に。他にも色々面白そうなのが載って
 います!本屋さんでは売ってないそうです。)



c0139591_11193287.jpg
 【〇の中に、ビー玉が見えますか・・?^^ ビー玉程度の大きさの
 玉だけが落ちるように穴をあけたのですが、傾斜をつけると、穴があっても
 勢いでそのまま行っちゃうので、ほぼ床に平行になります。しかし、そう
 なると、ビー玉より少し大きいだけのスーパーボールは、
 一部分だけ穴に埋まっちゃいます(苦笑) 】


ただ玉が落ちて転がっていくのをみているだけなのに、どうして
「あともう1回!」とつい転がしたくなっちゃうんでしょうね♪
(勢いがつきすぎて、コースアウトしちゃう時もよくあります。)

材料さえあれば簡単に作れるので、オススメです♪
[PR]
by moonstar1206 | 2014-01-17 19:27 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(0)

何とか買えました♪

c0139591_331880.jpg

長女のランドセルを買いに、京都へ行ってきました。
連休の初日、長女の習い事の終わった後、そのまま2人で向かいました。

ランドセルは、こだわりがある方ほど、やはり早く買われるようで(めずらしい色だと
余計に、早々に受注数が予定分終了になるそうです。)、百貨店のイージーオーダー
なども9月半ばで受付終了してしまったそうです。
話にはちらっと聞いていましたが、本当にそうなんですね~!

地元でも売っているものと比較して、いいものがあれば京都で買おうと思っていたの
ですが、何とか決めることができてほっとしています。(手元に届くのは、2月末だとか!
これにもびっくりです。)

*******
ランドセル以外に買ったのは、姪っ子の1歳の誕生日プレゼントにファミリアのファースト
ブロック(音が鳴る積木入りの積木セット)
と、以下のもの等。


c0139591_3255023.jpg
【Kiener社の木製ちょうちょ:早速ダイニングに飾ってみましたが、
 主人には「落ちてきそう!」と不評でした^^; カットしてないテグスが見えてますね~。。
 そのうち、子供部屋に移したほうがいいかな?】



c0139591_326611.jpg
(バッグチャームの手袋ホルダー:とても可愛くて便利そう?!だったので。)


長女が、イベントでやっていたアクアドーム作りをやりたいときかなかったので、
遅くなった昼食前に作りました^^

c0139591_5121296.jpg

[PR]
by moonstar1206 | 2013-10-14 05:13 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(2)

絵本~嬉しい偶然×2冊

図書館に行くと、多い時は家族4人分で30冊借りることもあり、
子供達だけで絵本コーナーに行くと「そんなのどこで見つけたの?」と思う
ような面白そうor変な絵本を借りてきたりします(笑)

今回は、私一人で行き、15分くらいの間にばばーっと題名や表紙で選んだ
絵本の中に、なんと偶然2冊も家に持っているのと同じ画家さん(と言うの
かな?!)の絵本があって、びっくりしています。


c0139591_16433140.jpg
【「くっくちゃん」は長女の出産祝いに頂いたもの。めずらしくて、でも個性的な絵が
 とても可愛くて、くっくちゃんも可愛くて、私もお気に入りでしたが、
 まさか図書館に同じポリー・ダンパーさん(絵)の絵本があったとは!】


***


c0139591_16493032.jpg
【こちらは、最初は気づかず、でも絵本を読むうちに、なんだか似てる
 なぁと思えてきて・・・】



c0139591_1650049.jpg
【 JANE RAYさんという文字を見つけたときの嬉しさといったら!
 しかも、借りてきた本は、文章もその方が書いた絵本だったので、よけいに感激
 してしまいました。】



c0139591_16503060.jpg
【長女が、「ほら、鳥が一緒~!」《右の絵本の右上の鳥》と教えてくれて、
 更に感激しました(笑)
 最後、どうなったのかな、かわいそうだったなと余韻が残る絵本でした。
 (ハッピーエンドなのかな?わからなかったです^^;)
 英文の絵本は、京都伊勢丹だったかしら、海外絵本作家の原画展みたい
 なのを昔見に行ったときに、1冊だけ買ったものです。】


サーカスの少年と鳥になった女の子 ジェーン・レイ 作・絵

しゃぼんだまぼうや 作 マーガレット・マーヒー 絵 ポリー・ダンバー

どちらの画家さんの絵本も、AMAZONで見ると沢山あるようなので、
今度また探して借りてみたいと思います♪(楽しみです!)
[PR]
by moonstar1206 | 2013-09-06 16:21 | 育児グッズ・おもちゃ・絵本 | Comments(4)

手作り【手芸・お菓子etc.】と小鳥が大好きです。


by moonstar1206
プロフィールを見る
画像一覧